電話お問い合わせ

よくある質問

廿日市市 なごみ施術院 によせられた、よくある質問に対する回答をまとめたページです。

Q.鍼とお灸何が違うの?

A.お灸は血の流れをよくし、鍼は気の乱れを調整する医術として始まったと言われています。
比較的体力もある病気の人は、鍼治療のみで緩和しますが、体力が消耗し身体が冷えている人や、長期間患っている病気のある人は灸治療が必要になります。
総合的にみながら、鍼とお灸を使いわけたり、鍼とお灸を同時にすることもあります。

Q.鍼は痛くないの?

A.あまり痛みは感じません。感じたとしても刺した時のチクッぐらいです。 ただし、痛みの感じ方には個人差があり、お身体の状態によっても変化します。 当院の鍼は、太さ0.16mmの鍼を使用しております。人の髪の毛の太さは、0.09mm~0.15mmぐらいと言われているので、同じぐらいの太さです。 鍼が怖い方には、刺さない鍼「?鍼(ていしん)」もあります。鍼の先は丸くなっており身体に刺さりません。 鍼が怖い方には、無理やり鍼をすることはありませんのでご安心下さい。

Q.お灸は熱いの?

A.熱くはありません。 台座付きお灸(せんねん灸)もしますが、当院で主に行っているお灸は、木の筒の中にもぐさを入れて火をつけて、10分ぐらい温めます。熱いというよりはポカポカする感じで、患者さんは寝てしまっていることが多いです。身体に直接お灸することはないので、やけどすることもないです。ご安心下さい。

Q.症状が重い場合は、鍼の本数も増えるの?

A.症状の重さと鍼の本数は関係ありません。鍼の本数が治療効果を左右するものでもありません。むしろ、数本の鍼で治療効果が高い方が良いです。患者さんの負担も減ります。